モアライセンス

FP2級・3級の通信講座おすすめランキング2024【人気8社を徹底比較!】

独学で資格取得 - 目指せ!FP技能士 -
※ 当ページのリンクには広告が含まれています。
FP2級・3級の通信講座おすすめランキング【人気8社を徹底比較!】

更新日:2024年4月6日

FP通信講座おすすめランキング

 FPの通信講座は、各予備校それぞれに特徴があるため、「どの講座を受講すればいいのか悩む、、」という方も多いかと思います。

 そこで、FP2級のほか、簿記2級・宅建・行政書士・司法書士などに合格してきた管理人が、人気8社のFP通信講座について、それぞれの特徴を比較し、おすすめのFP講座をランキング形式でご紹介します!

 初心者におすすめの講座のほか、費用が安い講座、合格率が高い講座など目的別のおすすめ通信講座もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

【執筆者】
㈱モアライセンス代表 大西雅明

市役所に22年間勤めた元公務員。FP2級をはじめ、宅建士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士などの国家資格に合格し、15年以上にわたって当サイトで情報発信している。
司法書士開業!X(Twitter)

執筆者 大西雅明のアイコン
執筆者紹介

FPの通信講座の選び方

 当ページでは、FP2級の合格を目指すことを前提に、通信講座を紹介していきます。

 ここで、FP講座を選ぶうえで、受験資格の有無によって選ぶべき講座が変わってきますので、その点について最初に解説しておきます。

FP2級には受験資格が設けられている

 FP2級には受験資格が設けられていますので、その受験資格の有無によって、FP3級から受験が必要なのか、それともFP2級を直接受験できるのかが決まります

FP2級の受験資格
  • FP3級の合格者
  • AFP認定研修の修了者
  • FPの2年以上の実務経験者

 上記のFP2級のいずれかの受験資格がある方は、3級を受験せずに直接2級の受験が可能です。

 もし、受験資格がない方は、まずFP3級に合格するか、AFP認定研修を修了する必要があります。

2級受験資格がない方は『AFP認定研修』を兼ねた通信講座がおすすめ

 ここで、FPの通信講座には、「AFP認定研修」を兼ねている講座と、兼ねていない講座がある、というのがFP講座を選ぶうえでの最重要ポイントです。

 FP2級の受験資格がない方が通信講座を受講する場合は、「AFP認定研修」を兼ねた講座を受講・修了すれば、同時にFP2級の受験資格が得られ、そのまま直接2級を受験することが可能になります

 もし、FP2級の受験資格がない方が、AFP認定研修を兼ねていない講座を選んでしまうと、わざわざFP3級から受験しないといけません。

 このため、FP2級の受験資格のない方で、FP2級まで合格を目指す場合は、AFP認定研修を兼ねた講座を選ぶのがおすすめです。

FP2級・3級の通信講座おすすめランキング

FP2級・3級の通信講座おすすめランキング!

 当ページのランキングでは、FP通信講座の人気8社について、私が重視する以下の5項目で比較・評価し、おすすめのFP講座をご紹介していきます。

ランキングの基準
  • 講義・講師(講義のわかりやすさ・講義時間数・講義スタイル)
  • 教材(テキスト・問題集・eラーニング)
  • 合格実績(合格率・合格者数・合格者の声)
  • サポート体制(質問対応その他フォロー制度)
  • 受講料(安さ・返金制度など)

 なお、FP2級の受験資格がある方・ない方どちらにも対応できるよう「FP2級コース」と「FP3級&2級コース」を中心ご紹介します。

FP通信講座おすすめランキング表
ランキング/通信教育講座・予備校名
FP講座の比較項目
  • セールスポイント
  • ウィークポイント

※ 教育訓練給付金の対象には、教育訓練給付制度の対象講座を表示。要件を満たせば受講料の20%が給付されます。⇒教育訓練給付制度とは【通信講座の受講料がキャッシュバック!】

おすすめNo.1:
アガルート|2級受験資格がある方におすすめ! 人気講師おーちゃんが講義を担当!

アガルートキャンペーン
アガルートFP通信講座
⇒ アガルートFP通信講座 公式サイト
アガルートFP通信講座の比較項目
費用(受講料)

<2級受験資格がある方は2級から/ない方は3級から受験>
FP2級・3級合格講座
[Web通信] 65,780円

  • 合格者には全額返金 or お祝いギフト券1万円!
  • 分割払いの金利手数料0円!
講義時間数/講義スタイル
  • FPの人気YouTubeチャンネル『おーちゃん【1級FP技能士】TV』の’おーちゃん’こと小田講師が講義を担当!
  • 画面に映し出したテキストにマーカーしながら解説!

16時間

画面にテキストを表示して解説

教材
  • 冊子版のフルカラーテキストを使用!

【テキスト】フルカラー冊子版テキスト

【問題集】冊子版問題集

【eラーニング】講義視聴

合格率・合格実績
  • 受講生の88.10%がFP2級に合格!

(2級)受講生の合格率88.10%
(3級)受講生の合格率100%

サポート体制
  • 講師に直接質問できるスピーディーな質問対応!

メールによる質問対応(講師が直接回答。回数制限:20回)

総合評価

FP通信講座おすすめ総合評価90点 90点

アガルートFP通信講座のレーダーチャート(講義講師:20点、教材:15点、合格率:20点、サポート体制:15点、費用:20点、総合評価:90点)

アガルートは、ウサギ先輩とカメ後輩のテレビCM「最短ルート アガルート」のキャッチコピーでお馴染みですね。

2級・3級いずれにも対応した1本のコースになっていますので、この講座を受講すれば、2級・3級どちらにも合格可能です。

アガルートのFP講座は、人気YouTubeチャンネル『おーちゃん【1級FP技能士】TV』の小田講師によるわかりやすい講義が最大の強みです!

講義動画では、画面にテキストを映し出し、重要ポイントをマーカーしながら解説してくれるので、とってもわかりやすいです。

テキストも、冊子版のフルカラーテキストを使用!

また、講師に直接質問できるスピーディーな質問対応も魅力ですね。

そしてなんと、受講生の88.10%がFP2級に合格という驚異の合格実績!

合格者には受講料の全額返金(又は合格祝い金1万円)までもらえます!ほぼほぼ合格できるわけですから、費用負担はゼロ!

AFP認定研修は兼ねていませんので、2級受験資格がある方におすすめです!

公式サイト

アガルート
公式サイト

おすすめNo.2:
フォーサイト|徹底追及した効率性と驚異の合格率!2級受験資格がない方はフォーサイトで決まり!

フォーサイトFP通信講座
⇒ フォーサイトFP通信講座 公式サイト
フォーサイトFP通信講座の比較項目
費用(受講料)

教育訓練給付制度の対象講座
<AFP認定研修を兼ねたコース>
FPスピード合格講座(バリューセット2)
(2級+過去問解き方講座)
[Web通信] 65,800円

  • AFP認定研修を兼ねているため、3級を受験せずに2級の受験が可能!
  • 教育訓練給付金の対象講座のため、要件を満たせば20%キャッシュバック!
講義時間数/講義スタイル
  • 効率性を追求したコンパクトな講義!
  • 画面に映し出したテキストにマーカーしながら解説!

24時間

画面にテキストを表示して解説

教材
  • 洗練されたフルカラーテキストを使用!
  • 次世代eラーニングシステム「ManaBun(マナブン)」で、講義視聴からテキスト参照、問題演習、学習プラン作成まで全てに対応!

【テキスト】フルカラー冊子版テキスト※Web版もあり

【問題集】冊子版問題集※Web版もあり

【eラーニング】講義視聴、テキスト・問題集参照、問題演習、学習プラン作成など
※専用アプリで動画をダウンロードしておけば、外出先でも通信料を気にせず講義を受講可能

合格率・合格実績
  • 受講生の90.5%がFP2級に合格!(2022年度)
  • 419名の2級合格者を輩出!(2022年度)

(2級)受講生の合格率90.5%(2022年度)(全国平均53.54%(2023.9)の1.69倍)
(2級)受講生からの合格者数419名(2022年度)

サポート体制

メールによる質問対応(回数制限あり⇒バリューセット2:15回、バリューセット1:10回)

総合評価

FP通信講座おすすめ総合評価90点 90点

フォーサイトFP通信講座のレーダーチャート(講義講師:20点、教材:20点、合格率:20点、サポート体制:15点、費用:15点、総合評価:90点)

フォーサイトのFP講座では、徹底的に無駄を省き、イラスト・図解が豊富な洗練されたフルカラーテキストが使用されます!

そして、効率性を追求したコンパクトな講義!

また、講義の視聴からテキスト参照、ゲーム感覚で取り組める確認テスト、学習プランの作成など、充実した機能を備えた次世代eラーニングシステムを標準装備!

さらに、受講生の89.3%が合格する驚異の合格実績を誇ります!

AFP認定研修を兼ねた講座ですので、FP2級の受験資格がない方には、一番のおすすめです!

公式サイト

フォーサイト
公式サイト

おすすめNo.3:
スタディング|全ての学習がスマホのみで完結!圧倒的低価格!

スタディングFP通信講座
⇒ スタディングFP通信講座 公式サイト
スタディングFP通信講座の比較項目
費用(受講料)

<2級受験資格がある方はこちら>
FP2級合格コース(Q&Aチケット5枚付き)
[Web通信] 29,700円

教育訓練給付制度の対象講座
<3級から受験する方はこちら>
FP3級・2級セットコース(Q&Aチケット10枚付き)
[Web通信] 31,900円

  • おどろきの圧倒的な低価格!
  • 教育訓練給付金の対象講座(3級・2級セットコース)のため、要件を満たせば20%キャッシュバック!
講義時間数/講義スタイル
  • 講義はすべて、作り込まれたスライドを使って丁寧に解説!

11時間
21時間

大画面にスライドを表示して解説

教材
  • 動画講義はもちろん、問題演習など全ての学習がスマホのみで完結!

【テキスト】フルカラーWebテキスト

【問題集】Web問題集

【eラーニング】講義視聴、テキスト参照、問題演習など全ての教材をオンラインで利用
※専用アプリで動画をダウンロードしておけば、外出先でも通信料を気にせず講義を受講可能

合格率・合格実績
  • 当サイト管理人も他資格で受講し、いずれも見事に合格! ⇒ 私の合格体験記(公式サイト)マン管賃管士
  • 800名を超える合格者の声! (2023年)

800名を超える「合格者の声」の掲載あり(2級・3級合計)(2023年)

サポート体制

メールによる質問対応(2級は5回分/2級&3級は10回分のQAチケット付き ※それを超える質問は1回1,100円)
※他の受講生の質疑は無料で閲覧可能

総合評価

FP通信講座おすすめ総合評価90点 90点

スタディングFP通信講座のレーダーチャート(講義講師:20点、教材:15点、合格率:20点、サポート体制:15点、費用:20点、総合評価:90点)

スタディングのオンラインFP講座は、スマホのみで学習できるため、まとまった勉強時間が確保できない方でも安心して受講できます!

しかも、ダントツの圧倒的な低価格!

質問サポートが手薄なのが唯一の弱点ですが、講義の視聴から問題演習まで、画面に沿って学習が進められるようにシステムが組まれています。

この革新的なeラーニングシステムによりスマホのみで学習を完結させることができるため、机に向かって勉強する時間が確保できない方には、超おすすめのオンライン講座です!

なお、AFP認定研修は兼ねていませんので、2級受験資格のない方は、3級から受験する必要があります。

公式サイト

スタディング
公式サイト

おすすめNo.4:
クレアール|安いうえに丁寧な講義・サポートと充実の教材を実現

クレアールFP通信講座
⇒ クレアールFP通信講座 公式サイト
クレアールFP通信講座の比較項目
費用(受講料)

教育訓練給付制度の対象講座
<2級受験資格がある方はこちら>
FP2級合格コース
[Web通信] 44,000円
20%割引キャンペーン→ 35,200円

教育訓練給付制度の対象講座
<3級から受験する方はこちら>
FP3級・2級セット合格コース
[Web通信] 49,500円
20%割引キャンペーン→ 39,600円

  • 教育訓練給付金の対象講座のため、要件を満たせば20%キャッシュバック!
  • 充実の講座内容でこの安さ!
講義時間数/講義スタイル
  • FP1級×税理士の最強ダブルライセンサーによる充実の講義!

36時間
60時間

画面にスライドを表示して解説

教材
  • WEB学習ツール「CROSS STUDY」でスキマ時間にも問題が解ける

【テキスト】3色刷り冊子版テキスト ※PDFあり

【問題集】冊子版問題集 ※PDFあり

【eラーニング】講義視聴、問題演習

合格率・合格実績

(2級)8名、(3級)34名の「合格者の声」の掲載あり(2022年度)

  • 2級コースは2022年に開講したばかり
サポート体制
  • 回数無制限の質問サポート

メールによる質問対応(回数無制限・講師が直接回答)

総合評価

FP通信講座おすすめ総合評価90点 90点

クレアールFP通信講座のレーダーチャート(講義講師:20点、教材:20点、合格率:10点、サポート体制:20点、費用:20点、総合評価:90点)

クレアールのFP講座では、「安×楽×短」が最大のセールスポイントとされています。つまり、費用を安く、最小労力で楽に、そして短い期間で合格を実現することですね。

とはいえ、私が見る限り、クレアールの最大の魅力は、税理士講座も担当するプロフェッショナル講師(税理士×FP1級ダブルライセンサー)による丁寧な講義です。

そして、講師が直接回答してくれるうえに、質問回数無制限という丁寧なサポート体制を備えています。

さらに、テキストはすべてPDFデータも提供され、WEB学習ツールまで備えるという丁寧・充実の教材群。

このように、クレアールは、安いうえに、丁寧な講義・サポートと充実の教材を実現した講座ですので、落ちこぼれることなく合格まで導いてくれるはずです。

公式サイト

クレアール
公式サイト

おすすめNo.5:
ユーキャン|テキスト・スマホ学習など教材制作のプロフェッショナル!独学できる方へ

ユーキャンFP通信講座
⇒ ユーキャンFP通信講座 公式サイト
ユーキャンFP通信講座の比較項目
費用(受講料)

教育訓練給付制度の対象講座
<AFP認定研修を兼ねたコース>
ファイナンシャルプランナー(FP)講座
[Web通信] 64,000円

  • AFP認定研修を兼ねているため、3級を受験せずに2級の受験が可能!
  • 教育訓練給付金の対象講座のため、要件を満たせば20%キャッシュバック!
講義時間数/講義スタイル

確認中

画面にテキスト・スライドを表示して解説

教材
  • 図解・イラストが豊富なフルカラーテキスト!
  • 合格デジタルサポート」システム内で、テキスト参照から講義視聴、問題演習、進捗管理まで全てに対応!

【テキスト】フルカラー冊子版テキスト※Web版もあり

【問題集】冊子版問題集 ※Web版もあり

【eラーニング】講義視聴、テキスト・問題集参照、問題演習、学習プラン作成

合格率・合格実績
  • 10年間で16,523名の合格者を輩出!

過去10年間で、16,523名が合格
教育訓練給付制度の利用者(2021年度):2,090名合格(合格率68.2%)

サポート体制
  • 丁寧な添削サービス!

・メール、郵便による質問対応(回数無制限。1日3問まで)
・添削課題あり(6回)

総合評価

FP通信講座おすすめ総合評価85点 85点

ユーキャンFP通信講座のレーダーチャート(講義講師:10点、教材:20点、合格率:20点、サポート体制:20点、費用:15点、総合評価:85点)

ユーキャンは、抜群の知名度により圧倒的な合格者数を輩出していますね。

ユーキャンは、教材制作のプロフェッショナルですから、テキストのわかりやすさはナンバーワンと言っても過言ではありません。

その一方で、講義に関しては手薄ですので、あくまでも教材を中心とした自己学習、つまり「独学」ができる方におすすめです。

公式サイト

ユーキャン
公式サイト

おすすめNo.6:
TAC|会計資格が得意な大手予備校でFP講座の合格実績も高い

TAC FP通信講座
⇒ TAC FP通信講座 公式サイト
TAC FP通信講座の比較項目
費用(受講料)

教育訓練給付制度の対象講座
<AFP認定研修を兼ねたコース>
FP2級本科生
[Web通信] 101,000円
[DVD通信] 121,000円

  • 受講料が高額
  • AFP認定研修を兼ねているため、3級を受験せずに2級の受験が可能!
  • 教育訓練給付金の対象講座のため、要件を満たせば20%キャッシュバック!
講義時間数/講義スタイル
  • プロフェッショナル講師陣による充実の講義

70時間

黒板の前に立ち、板書しながら解説

教材

【テキスト】白黒冊子版テキスト

【問題集】冊子版問題集

【eラーニング】(受講形態でWebを選択した場合)講義視聴

合格率・合格実績

(3級)1名の合格者の声の掲載あり(年度不明)
教育訓練給付制度の通信講座利用者(2022年度):70名合格(合格率68.0%)

サポート体制

メールによる質問対応(回数制限あり:10回)

総合評価

FP通信講座おすすめ総合評価70点 70点

TACのFP通信講座のレーダーチャート(講義講師:20点、教材:10点、合格率:20点、サポート体制:15点、費用:5点、総合評価:70点)

TACは、会計資格を得意とする予備校ですので、FP試験にも強いですね。市販教材でも豊富なラインナップを揃え、毎年売上No.1を達成するなど独占状態です。

大手予備校(TAC・大原・LEC)のFP講座の中でも、TACが一番高い実績をあげています。

とはいえ、TACは通学スクールを中心とするため、受講料が高額になるのがネックです。

プロフェッショナル講師陣による充実の講義が提供されますので、徹底的に勉強したい方におすすめです。

公式サイト

TAC
公式サイト

おすすめNo.7:
資格の大原|会計資格が得意な大手予備校だがFP講座の実績はTACに劣る

大原FP通信講座
⇒ 大原FP通信講座 公式サイト
大原FP通信講座の比較項目
費用(受講料)

教育訓練給付制度の対象講座
<AFP認定研修を兼ねたコース>
3級から学ぶ2級(AFP)合格コース
[Web通信] 102,300円
[Web+DVD] 114,500円

  • AFP認定研修を兼ねているため、3級を受験せずに2級の受験が可能!
  • 教育訓練給付金の対象講座のため、要件を満たせば20%キャッシュバック!
講義時間数/講義スタイル
  • 多くの合格者を輩出した頼れる講師陣

78時間

スライドを画面に表示して解説

教材

【テキスト】2色刷冊子版テキスト

【問題集】冊子版問題集

【eラーニング】(受講形態でWebを選択した場合)講義視聴

合格率・合格実績

公表なし・公式サイトに合格者の声の掲載もなし
教育訓練給付制度の通信講座利用者(2021年度):5名合格(合格率71.4%)

サポート体制

メールによる質問対応(回数制限あり)

総合評価

FP通信講座おすすめ総合評価70点 70点

大原のFP通信講座のレーダーチャート(講義講師:20点、教材:15点、合格率:15点、サポート体制:15点、費用:5点、総合評価:70点)

大原は、簿記・税理士・公認会計士などの会計資格や公務員試験を中心とした講座展開を行っていますが、FP資格ではTACに大きく差を開けられています

また、通学スクールを中心とした予備校ですので、通信講座としては受講料が高額になるのがネックです。

公式サイト

資格の大原
公式サイト

おすすめNo.8:
LEC|法律資格が得意なためFP講座では存在感が薄い

LEC FP通信講座
⇒ LEC FP通信講座 公式サイト
LEC FP通信講座の比較項目
費用(受講料)

教育訓練給付制度の対象講座
<AFP認定研修を兼ねたコース>
2級FP・AFP対策パック
[Web通信] 88,000円
[DVD通信] 99,000円

  • AFP認定研修を兼ねているため、3級を受験せずに2級の受験が可能!
  • 教育訓練給付金の対象講座のため、要件を満たせば20%キャッシュバック!
講義時間数/講義スタイル
  • 各科目ごとのエキスパートによる充実の講義

75時間

適宜、画面にテキストを表示して解説

教材

【テキスト】白黒冊子版テキスト

【問題集】冊子版問題集

【eラーニング】(受講形態でWebを選択した場合)講義視聴

合格率・合格実績

公表なし・公式サイトに合格者の声の掲載もなし
教育訓練給付制度の通信講座利用者(2020年度):4名合格(合格率80.0%)

サポート体制

メールによる質問対応(回数無制限)

総合評価

FP通信講座おすすめ総合評価70点 70点

LECのFP通信講座のレーダーチャート(講義講師:20点、教材:10点、合格率:10点、サポート体制:20点、費用:10点、総合評価:70点)

LECは、法律資格を得意とする予備校ですので、会計・金融資格においては存在感が薄いですね。

その分、大原・TACよりも受講料は安めに設定されています。

とはいえ、FP協会認定のAFP認定研修の実施機関ですので、講座内容自体は信頼できるはずです。

公式サイト

LEC
公式サイト

人気のFP通信講座を費用から合格率まで徹底比較!

 以上、FPの通信講座をおすすめ順にご紹介してきました。

 次は、各講座を比較しやすいように、項目別に整理してご紹介していきたいと思います。

 まずは、FP通信講座のおすすめ8社を一覧表に整理しましたので、比較検討にご活用ください。

(おすすめ順位)
通信講座
特長を一言で AFP認定研修 FP2級コース 講義時間 返金制度 講義スタイル テキスト 問題集 eラーニング 合格率・実績 サポート体制 総合評価
No.1
アガルート
2級受験資格がある方におすすめ! 人気講師おーちゃんが講義を担当! 非該当 FP2級・3級合格講座
65,780円
16時間 合格者には全額返金 or お祝いギフト券1万円 画面にテキストを表示して解説 冊子
(フルカラー)
冊子 講義 (2級)合格率88.10%
(3級)合格率100%
メールによる質問対応(講師が直接回答。回数制限あり:20回) 90点
No.2
フォーサイト
徹底追及した効率性と驚異の合格率!2級受験資格がない方はフォーサイトで決まり! AFP認定研修 FPスピード合格講座(バリューセット2)
65,800円
24時間 教育訓練給付金の対象講座 画面にテキストを表示して解説 冊子
(フルカラー)
冊子 講義
テキスト・問題集
問題演習
(2級)合格率90.5%
(2級)合格者419名
(2022年度)
メールによる質問対応(回数制限あり⇒バリューセット2:15回、バリューセット1:10回) 90点
No.3
スタディング
全ての学習がスマホのみで完結!圧倒的低価格! 非該当 ①FP2級合格コース
29,700円
②FP3級・2級セットコース
31,900円
①11時間
②21時間
②教育訓練給付金の対象講座 大画面にスライドを表示して解説 Web
(フルカラー)
Web 講義
テキスト
問題演習
(2級・3級)800名を超える合格者の声
(2023年)
メールによる質問対応(2級は5回分/2級&3級は10回分のQAチケット付き ※それを超える質問は1回1,100円) 90点
No.4
クレアール
安いうえに丁寧な講義・サポートと充実の教材を実現 非該当 ①FP2級合格コース
44,000円
35,200円
②FP3級・2級セット合格コース
49,500円
39,600円
①36時間
②60時間
①②教育訓練給付金の対象講座 画面にスライドを表示して解説 冊子+PDF
(3色刷)
冊子+PDF 講義
問題演習
(2級)8名、(3級)34名の合格者の声
(2022年度)
メールによる質問対応(回数無制限・講師が直接回答) 90点
No.5
ユーキャン
テキスト・スマホ学習など教材制作のプロフェッショナル!独学できる方へ AFP認定研修 ファイナンシャルプランナー(FP)講座
64,000円
確認中 教育訓練給付金の対象講座 画面にテキスト・スライドを表示して解説 冊子
(フルカラー)
冊子 講義
テキスト・問題集
問題演習
過去10年の合格者16,523名
(2021年度教育訓練給付制度の利用者)
合格率68.2%
合格者2,090名
・メール、郵便による質問対応(回数無制限。1日3問まで)
・添削課題(6回)
85点
No.6
TAC
会計資格が得意な大手予備校でFP講座の合格実績も高い AFP認定研修 FP2級本科生
101,000円
70時間 教育訓練給付金の対象講座 黒板の前に立ち、板書して解説 冊子
(白黒)
冊子 講義 (2022年度教育訓練給付制度の通信講座利用者)
合格率68.0%
合格者70名
メールによる質問対応(回数制限あり:10回) 70点
No.7
資格の大原
会計資格が得意な大手予備校だがFP講座の実績はTACに劣る AFP認定研修 3級から学ぶ2級(AFP)合格コース
102,300円
78時間 教育訓練給付金の対象講座 スライドを画面に表示して解説 冊子
(2色刷り)
冊子 講義 (2021年度教育訓練給付制度の通信講座利用者)
合格率71.4%
合格者5名
メールによる質問対応(回数制限あり) 70点
No.8
LEC
法律資格が得意なためFP講座では存在感が薄い AFP認定研修 2級FP・AFP対策パック
88,000円
75時間 教育訓練給付金の対象講座 適宜、画面にテキストを表示して解説 冊子
(白黒)
冊子 講義 (2020年度教育訓練給付制度の通信講座利用者)
合格率80.0%
合格者1名
メールによる質問対応(回数無制限) 70点

※ 教育訓練給付金の対象講座は、要件を満たせば受講料の20%が給付されます。⇒教育訓練給付制度とは【通信講座の受講料がキャッシュバック!】

 では、上記の比較一覧表のなかから、費用の安さや合格率の高さ、サポートの充実度などをピックアップして、項目別に人気のFP通信講座を比較していきます。

FP通信講座を安い順に比較!費用を抑えたい方におすすめ

 自分に合った、より良い通信講座を選ぼうと思っても、どうしても金銭的に厳しい場合もありますよね。

 いくら講座内容が良くても、手が出せないような価格では購入できませんからね。。ここは、ご自身の財布と相談が必要になってきます。

 ということで、おすすめ上位5社を、料金が安い順に並べると、下記のようになります。

通信講座名 FP2級または3級2級セットコース 費用 返金制度
No.1
スタディング
①FP2級合格コース
②FP3級・2級セットコース
29,700円
31,900円
②教育訓練給付金の対象講座
No.2
クレアール
①FP2級合格コース
②FP3級・2級セット合格コース
44,000円
35,200円
②49,500円
39,600円
①②教育訓練給付金の対象講座
No.3
ユーキャン
ファイナンシャルプランナー(FP)講座 64,000円 教育訓練給付金の対象講座
No.4
アガルート
FP2級・3級合格講座 65,780円 合格者には全額返金 or お祝いギフト券1万円
No.5
フォーサイト
FPスピード合格講座(バリューセット2) 65,800円 教育訓練給付金の対象講座

 ご覧のとおり、価格の安さでいえば、スタディングが3万円前後でダントツの最安値ですね。

 次にクレアールが続きます。

 スタディングは、安さはダントツですが、スマホ学習に特化している点と、質問サポートが手薄という点に注意が必要です。このため、”スマホでスキマ時間に勉強したい”、そして、”質問サポートはあまり使わない”という方に、スタディングはおすすめです!

 一方、”紙テキストで勉強したい”、”丁寧な質問サポートも受けたい”という方には、クレアールがおすすめですね。

費用の安さで比較!
  • 最安値はスタディング、次いでクレアール
  • スタディングは、”スキマ時間にスマホで勉強したい方”、”質問サポートをあまり使わない方”におすすめ
  • クレアールは、”紙テキストで勉強したい”、”丁寧な質問サポートも受けたい”という方におすすめ

FP通信講座を合格率の高さで比較!どうしても合格したい方におすすめ

 絶対に合格したい、合格できないと困る、なにがなんでも合格したい、という場合は、とにかく「合格率・合格実績」が高い講座を選ぶ方法もあります。

 ただし、合格率や合格実績については、会社によって公表方法が異なるため、同列で比較することは難しいのが現状です。

 各社で公表されている合格実績を比較してみると、以下の表のようになります。

合格実績の比較表
通信講座名 合格者数・合格者の声 合格率
フォーサイト (2級)419名の合格者
(2022年度)
(2級)90.5%の合格率
(2022年度)
アガルート (2級)88.10%の合格率
(3級)100%の合格率
ユーキャン 過去10年の合格者16,523名
スタディング (2級・3級)800名を超える合格者の声
(2023年)
クレアール (2級)8名の合格者の声
(3級)34名の合格者の声
(2022年度)

 このように、合格実績として「合格率」を公表している講座と、「合格者数」を公表している講座、そして「合格者の声」をホームページに掲載している講座、とそれぞれ公表方法が異なっています。

 この中で、受験生として一番気になるのは、その講座生の何パーセントが合格しているかを示した「合格率」ですよね

 この「合格率」を公表しているのは、フォーサイトとアガルートの2社だけです。この2社はいずれも、受講生のおよそ90%が合格しています。

 つまり、フォーサイトかアガルートを受講すれば、ほぼ全員が合格できるということです。

 フォーサイトもアガルートも、受講生に対するアンケート調査によって合格率を算出していますので、その算出根拠に不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし、ご安心ください。フォーサイトは教育訓練給付制度の対象講座ですので、厚生労働省の公式サイト(フォーサイト講座一覧)において、その合格率が公表されています。

 例年、80%後半~90%という合格率に、嘘偽りはありません。(※この数値は、教育訓練給付制度を使ってフォーサイトを受講した方の数値ですので、受講生全体の数値とは誤差があります。)

 ユーキャン・スタディングは多くの合格者を輩出していますが、合格率は公表されていません。もちろん、これだけ多くの合格者を出しているわけですから、合格実績として信頼できるのは確かです。

 ただ、やはり合格にこだわるなら、合格率が高い講座を受講する方が、より確実ですよね。

 なお、ユーキャンも教育訓練給付制度の対象講座ですので、その合格率は厚生労働省の公式サイト(ユーキャンファイナンシャルプランナー講座)で公表されています。

 その数値によると、ユーキャンFP講座の合格率は、60%後半になっています。フォーサイトとの差は歴然ですね

合格率の高さで比較!
  • 合格率を公表しているのは、フォーサイトとアガルートの2社だけ
  • フォーサイトもアガルートも、およそ90%の合格率を誇る
  • ユーキャンとスタディングは合格者数は多いが、合格にこだわるなら合格率が高い講座を受講した方が、より確実

FP通信講座をサポートの充実度で比較!挫折しがちな方におすすめ

 独学と違って、サポートが受けられるというのも、通信講座のメリットのひとつですね。

 通信講座のサポートは、勉強中に疑問点が湧いてきたときに、それを解消してくれるのはもちろんのことですが、勉強のモチベーションアップにも効果的です。

 特に、勉強するのが苦手で挫折しがちな人は、サポートが充実した通信講座を選ぶのがおすすめです。

 そこで、おすすめ通信講座のサポート体制を比較し、サポートが充実している順に並べると、以下の表のようになります。

通信講座名 サポート内容
クレアール メールによる質問対応(回数無制限講師が直接回答
ユーキャン メール・郵便による質問対応(回数無制限。1日3問まで)
添削課題(6回)
アガルート メールによる質問対応(回数制限あり:20回。講師が直接回答
フォーサイト メールによる質問対応(回数制限あり バリューセット2:15回、バリューセット1:10回)
スタディング メールによる質問対応(チケット制:2級は5回分、2級&3級は10回分のQAチケット付き ※それを超える質問は1回1,100円)

 ご覧のとおり、サポートの充実度でいえば、クレアール・ユーキャンが回数無制限の質問サポートで、最も充実していますね

 しかも、クレアールは、講師が直接回答してくれます。

 次のアガルート・フォーサイト・スタディングは、質問回数に制限があったり、一定回数を超えると有料になったりしますので、質問するのに躊躇してしまう可能性があります。

 やはり、サポートが充実した講座を求める場合は、疑問が沸いた際にいつでも質問できる回数無制限のサポートを選んだ方がいいですね。

サポートの充実度で比較!
  • 回数無制限の質問サポートは、クレアール・ユーキャン
  • さらに、クレアールは講師が直接回答してくれる

FP試験は独学でも合格できる?

FP試験は独学でも合格できる?

 そもそも、FP試験は独学でも合格できるのでしょうか。

独学でも合格可能だが多くのデメリット(壁)がある

 FP試験は、3級・2級までなら独学でも十分に合格可能ですし、私自身も独学で合格しました

 とはいえ、下記のように、独学には多くのデメリット(壁)があります

独学の壁(デメリット)
  • 自力でテキストを読み進めないといけない。
  • 教材を自分でひとつずつ選ばないといけない。
  • 自分で勉強方法やスケジュールを考えないといけない。
  • わからなくても質問できない。
  • モチベーションを維持するのが大変。

 などなど、挙げればキリがないほど数多くの壁(デメリット)が存在していますので、それを自力で乗り越えないといけません。

通信講座なら独学のデメリットを全て払拭できる

 しかし、通信講座を利用すれば、下記のように、独学のデメリットをすべて払拭することができます

項目 独学のデメリット(壁) 通信講座で払拭!
講義
  • 自力でテキストを読み進めないといけない。
  • 理解が進まない。
  • プロ講師の講義が受講できる。
  • 理解が進む。
教材
  • 自分でひとつずつ選ばないといけない。
  • あくまでも市販教材
  • 合格に必要な教材一式が提供される。
  • ノウハウを凝縮したオリジナル教材が利用できる
カリキュラム
  • 自分で勉強する順番や勉強方法を考えないといけない。
  • 勉強方法が不安になる。
  • 効率的に合格するためのカリキュラムが用意されている。
  • 安心して勉強できる。
サポート
  • わからなくても質問できない。
  • 孤独でモチベーション維持が難しい。
  • わからない場合に質問できる
  • モチベーションも維持できる。

 このように、通信講座を利用することで、独学のデメリットがすべて打ち消されることがわかりますね。

 もちろん、独学に自信がある方や、金銭的に独学を選ばざるを得ない方は、独学でももちろん問題ありません。

 しかし、独学が不安な方は、通信講座を受講することで、独学のデメリットを全て払拭できますので、通信講座を受講するのがおすすめです。

FPはどれぐらい難しい?合格率は?

FPはどれぐらい難しい?合格率は?

 FPは、どれぐらい難しいのでしょうか。

 FP試験は、「FP協会」と「きんざい」の2団体で実施されていますが、その合格率を平均すると、FP3級は、学科70%・実技70%FP2級は、学科40%・実技50%ぐらいの合格率になっています。

 FP3級は、しっかり勉強しさえすれば合格できる難易度で、FP2級も、国家資格としては易しい難易度といえそうですね。

 実際には、FP協会ときんざいとでは、下表のとおり合格率に大きな差があり、FP協会の方が高い合格率になっています。

合格率(概数)
FP協会 きんざい 2団体平均
学科 実技 学科 実技 学科 実技
3級 85% 85% 55% 50% 70% 70%
2級 50% 60% 25% 40% 40% 50%

 学科試験については、FP協会・きんざいともにまったく同一の問題が出題され、合格基準も同じですので、どちらを受験しても、合格しやすさは同じです。

 この合格率の差は、受験者層の違い(きんざいは団体受験などで半強制的に受験する受験生が多い)が理由として考えられています。

FPに合格するには何時間の勉強が必要?

FPに合格するには何時間の勉強が必要?

 FP3級・2級に合格するためには、どれぐらいの勉強時間が必要なのでしょうか。

 以下では、FPの試験合格に必要な勉強時間の目安を解説しますので、学習計画を立てる際の参考にしてください。

3級は100時間の勉強が目安

 FP3級に、初心者が合格するためには、一般的に100時間程度(80~150時間)の勉強時間が必要といわれています。

 とはいえ、あくまでも一般論ですので、人それぞれ、予備知識がどれだけあるか、実務経験があるかなど違いがありますので、一概にはいえません。

 私の場合は、FPと試験科目が被る宅建試験(不動産や相続などの科目が重複)の学習経験がありましたので、65時間の勉強時間で合格できました。

 このように、関連知識がある方は、100時間よりも短い時間で合格できる可能性がありますが、初心者の場合は、とりあえず100時間を目安として、学習計画を立てていただければと思います。

2級は200時間の勉強が目安

 一方、FP2級に合格するためには、200時間(150~300時間) の勉強時間が必要といわれています。

 3級のちょうど2倍の勉強時間ですね。

 私も、FP2級は130時間の勉強で合格できましたので、3級の65時間のちょうど2倍の勉強時間でした。

FP試験の日程・試験内容

 それでは最後に、日程や試験内容といった試験の概要について解説します。

 試験本番から逆算した学習計画が必要ですので、必ず確認しておきましょう。

試験日はいつ?

 FP3級は、2024年度からCBT試験に完全移行します。

 CBTとは「Computer Based Testing」の略称で、つまり、全国各地のテストセンターの会場で、パソコンを使って試験問題に解答する形式です。

 CBT試験では、各テストセンターごとに随時申し込みが可能で、いつでも受けたいと思えば、すぐに来週にでも受験できてしまいます(最短、3日後の試験日に申し込み可能)。

 FP2級は、年に3回、5月・9月・1月の日曜日に実施されます。

 2級の試験日は、日本FP協会・きんざいともに共通です。

 第1回は5月の第4日曜日、第2回は9月の第2日曜日、第3回は1月の第4日曜日に実施されます。

実施回 例年の試験日
第1回 5月の第4日曜日
第2回 9月の第2日曜日
第3回 1月の第4日曜日

 いつでも受験できるFP3級に比べると年に3回しか受験できないのは不便に感じますが そもそも国家試験は、年に1回しか実施されない試験も多いですので、年に3回あるだけでも、かなり受験しやすい試験です。

どんな問題が出題される?

 FP試験の試験範囲・試験科目は、下記のようになっています。

学科試験

 FP技能検定3級・2級の学科試験の試験科目は、次の6科目です。これは、FP協会もきんざいも、3級も2級も共通しています。

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. リスク管理
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継
学科試験の試験科目(FP協会・きんざい・3級・2級共通)
試験科目 主な試験内容
ライフプランニングと資金計画 社会保険、公的年金・企業年金、住宅取得資金など
リスク管理 生命保険、損害保険、第三分野の保険など
金融資産運用 預貯金、債権、株式、投資信託など
タックスプランニング 所得税、住民税、法人税、消費税など
不動産 不動産取引、建築基準法などの法令、税金など
相続・事業承継 相続、相続税、贈与税、財産評価など

実技試験

 実技試験は、FP協会では、3級も2級も、資産設計提案業務の1科目のみです。

 きんざいでは、3級は個人資産相談業務・保険顧客資産相談業務の2科目から1科目を選択して受験、2級は、個人資産相談業務、中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務の4科目から1科目を選択して受験する形になります。

 ただし、いずれも学科試験の知識の範囲に含まれていますので、横断的に出題さたり、具体事例に基づいて出題されるなど、応用的な出題になるだけで、試験範囲としては学科と共通です。

実技試験の試験科目
FP協会 きんざい
3級 資産設計提案業務 ①個人資産相談業務
②保険顧客資産相談業務
の2科目から1科目を選択
2級 資産設計提案業務 ①個人資産相談業務
②中小事業主資産相談業務
③生保顧客資産相談業務
④損保顧客資産相談業務
の4科目から1科目を選択

Copyright (C) 2007-2024 株式会社モアライセンス All Rights Reserved.
 
menu